福岡で出張マッサージを利用するならココ!口コミの評判も高いおすすめサービスを厳選比較で紹介します!

マッサージ店の予約をキャンセルする際の注意点とは?

公開日:2022/08/15


出張型マッサージでは、セラピストがお客さんのもとに派遣される形でサービスを提供します。施術はお客さんの自宅やホテル等で行われるので、疲労困憊な時にサービスを受けに店舗を訪れたり、施術後に帰宅したりする手間もなく、そのまま就寝できるのが魅力です。今回はそんなマッサージ店の予約をキャンセルする際の注意点についてご紹介します。

マッサージ店の予約をキャンセルすることは可能?

出張マッサージは疲労困憊な時にセラピストを自宅や宿泊先ホテル(ビジネスホテル、シティホテル)に呼んで、気軽に施術を受けられるサービスです。サービスを受けに店舗を訪れたり、施術後に帰宅したりする手間もなく、くつろいだ状態でマッサージを受けることができ、そのまま就寝できるのが魅力です。

また、コロナ禍以降、感染拡大予防のため外出を自粛する風潮の中でも気兼ねなくマッサージを受けることができ、待ち時間がなく、セラピストの方との会話を他人に聞かれる心配がないなどのメリットから需要を伸ばしています。そんな出張マッサージサービスを利用しようと店舗に予約をいれたものの、急な要件や、自身や家族の体の不調、事故などのトラブル、身内の不幸などやむにやまれぬ事情でキャンセルしたいという事態に陥ることは誰にでもあり得ることです。「キャンセルできるか・できないか」でいえばキャンセルは可能です。

とはいえ、自分の都合で自由気ままにキャンセルしても差し支えないという意味ではありません。特に土壇場でキャンセルする「ドタキャン」や、事前に何の連絡も入れずに予約をすっぽかしてしまう「無断キャンセル」は言語道断のNG行為です。客の立場では「たった一回のキャンセル」という認識であっても、店側は損失を被ることになり、その損失の程度によっては厳しいペナルティを受けることになる場合もあるので、認識を改めたり、強く留意したりすることが必要です。

キャンセルがマッサージ店側に及ぼす影響

予約のキャンセルがマッサージ店に及ぼす影響として第一に考えられるのが「売り上げ」の損失です。たとえば、ある日の17:00からAさんというセラピストに対し「120分コース1万5,000円」というメニューを予約していた場合、店側は余裕を持って当日の16:00から20:00の間はAさんに他の予約が入らないようスケジュール調整を行います。他のお客さんからAさんを指名する予約が入っても、既に入っている予約を優先するため、お断りが入るわけです。

そんな中、急にキャンセルを受けてしまった場合、代わりの予約がすぐに入れば良いのですが、なかなかそうはいきません。そのため、お店側は1万5,000円の売り上げを失ってしまいますし、Aさんは16:00から20:00までの間の労働機会を失ってしまいます。

セラピストの給与体系が「お客さんから支払われる金額の55%の完全歩合制」である場合には、このキャンセルによってAさんに入るはずだった給与8,250円がなかったことになってしまうわけですから、Aさんにとっては死活問題です。特に無断キャンセルの場合は、回収できない現地への往復交通費もかかるわけですから、店側にとっては余計に悪質です。

キャンセルした場合の客側のデメリット

マッサージ店の予約をキャンセルする時に、デメリットが発生するのは店側だけではありません。客側にもデメリットがあります。やむをえない理由などにより、予約日より余裕を持った状態でキャンセルをするという場合であればお店への影響も大きくありませんが、当日キャンセルや無断キャンセルなど店側にとって損害をともなう、悪質とみなせるキャンセルであれば店側が客側に対してペナルティを科すことがあります。

ペナルティの内容や、ペナルティが発動する条件は店によって異なりますが、指定回数以上の無断キャンセルや当日キャンセルをした場合、予約がとれなくなったり、店舗の出入りを禁止(出禁)されたり、電話番号をブロックされるなど、サービスを利用できなくなる処置を一定期間とられることが多いようです。

また、実際にサービスを受けなくてもキャンセル料として本来支払うべきだった金額の100%~50%程度の料金を請求されるケースもあります。過去には飲食店で無断キャンセルした客が偽計業務妨害罪で逮捕されたこともあり、予約の悪質なキャンセルは社会問題のひとつとして議論の対象にもなっています。悪意の有無にかかわらず客側の予約キャンセルが店側に損害を与え、この損害によるダメージへの対抗策として店側が客側へペナルティを科し、このペナルティが客側のデメリットとなっているのが現在の状況です。

マッサージ店の予約をキャンセルする際の注意点

最近は客側の悪質な無断キャンセル・当日キャンセルがニュースなどで取り上げられることも増え、利用者の意識の中にキャンセルは「悪いこと」であるという感覚が浸透しつつあります。マナーの悪い客のふるまいから店の利益を守るためには望ましい傾向ですが、やむを得ない状況でキャンセルをしなくてはならない場合に気持ちの負担となってしまい、サービスを利用しづらくなってしまうのは、店側にも客側にも悪循環です。予約を入れたものの「行けない」ということが分かった場合には、早めに連絡をすることが大切です。

当日キャンセルであれば利用料金の100%のキャンセル料金が発生するけれど、数日前のキャンセルであれば無料で可能というお店も多く、早期に連絡することは店側のダメージが少なく、客側にとってもメリットがあります。

また、キャンセルの連絡をする際にはしっかりと謝罪の意思を伝えることも社会人として大切です。どのような理由であっても、約束を反故にしお店に迷惑をかけてしまうことは事実です。キャンセルの連絡を受け取る店側も人間が窓口になって手続きを行うものですから、誠実な対応を心掛けましょう。

まとめ

出張マッサージ店の予約をキャンセルする際の注意点についてご紹介しました。無断キャンセルや当日キャンセルのような悪質なキャンセルをした場合店側から出禁やペナルティ料金を科せられることもあります。やむを得ない事情でマッサージ店の予約をキャンセルする際には、「行けない」ことが分かった時点ですぐに連絡するようにしましょう。連絡をするときにはキャンセルすることについて謝罪を伝えることも大切です。キャンセル時にはこれらの注意点を抑え、店側に対して誠実な対応をとることが、店側と客側の双方が気持ちよい関係を維持するコツです。

福岡出張マッサージおすすめ5選!

イメージ
会社名福岡堂ゆうりん癒樂グループ 福岡博多店福岡リフレゆづき
特徴コスパがよく、技術の高いセラピストが多く在籍しているメディカル療法師の研修をクリアした日本人女性が施術する有資格者や研修を済ませたスタッフのみが在籍福岡の出張マッサージ利用実績No.1疲労を回復させ、自然治癒力を引き出す施術を行う
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
福岡出張マッサージのおすすめ5選!
記事一覧